任意整理した人のクレジットカード審査について|必見!徹底ガイド

任意整理した人のクレジットカード審査について|必見!徹底ガイド

任意整理した人のクレジットカード審査について|必見!徹底ガイド

任意整理は債務整理の中でも比較的負担が軽いものとして知られています。
司法書士や弁護士などが仲介をしたうえで債権者と債務者が話し合いを行って金利の再計算をし、過払い金があればそれを元本の返済に充当することで債務の返済を効率化します。
さらに基本的に任意整理後は将来的な利息のカットも行われますから、返済は格段に簡単となるでしょう。
また裁判所が交渉の席に立つことはありませんから官報などに名前が記載されることもありません。
ただこうした任意整理を行ったという人の中には「クレジットカードが作れなくなった」というようなことを話している人もいるのですが、それは本当なのでしょうか。
これは結論から言うと、クレジットカードを発行する会社それぞれの判断によるものの、一般的には作れなくなるとみて良いということが答えになります。
そもそもクレジットカードというものは、原理的に見れば「気軽に利用できる即席の借金」です。
当座の支払いをカードの発行会社に依頼し、一定期間後に利用者は利息を含めた金額をカード会社に支払うというものですから、これは明らかに借金と似た性質をしています。
そして「任意整理をした」ということは「借金の契約を変更した」という事実にほかならず、お金を貸し付ける側からすれば「後になってから返済条件の変更を求めてくるような債務者は信用できない」という判断をせざるを得ません。
したがって、任意整理後はそれが信用情報に記載される5年の間、新たなクレジットカードを作ることが極めて困難になるのです。
任意整理を行う際にはこうしたデメリットについてもしっかり理解しているようにしましょう。