任意整理のデメリットを知りたい!~任意整理で失敗しないために~

任意整理のデメリットを知りたい!~任意整理で失敗しないために~

任意整理のデメリットを知りたい!~任意整理で失敗しないために~

金融機関でお金を借りて、返済ができなくなった場合は債務整理を行います。その債務整理の方法の一つに、任意整理があります。これは、債務額を一定期間内で分割返済する方法で、定収入がある人や、車や家財道具などを売却出来る人には特にお勧めの方法です。弁護士や司法書士に依頼して行うのが一般的で、費用は事務所にもよりますが、25万円ほどが相場と考えておきましょう。また、今の貸金業法が施行される以前の取引の場合は、今の金利で計算し直すため、いわゆる過払い金が生じる可能性もあります。過払い金の金額によっては、任意整理を行わなくてもいいこともあります。
もちろんデメリットもあります。任意整理を行った場合は、その後5年間は、新規の借入をしたり、クレジットカードを作ったりすることはできません。ただ、自己破産のように、官報に氏名が記載されるといったデメリットや、あるいは、金融関係者などが一定期間就業できなくなるといったデメリットはありません。場合によっては、完済後しばらくしてクレジットカードを作れたというケースもあります。
ただ、返済が不可能になって任意整理を行ったことは事実ですので、あまり借金に依存しないように、借入やカードの仕様はほどほどにしておきましょう。また、新規に借入やクレジットカードの申込を行う場合、任意整理の対象となった金融機関の場合は審査に通りにくくなることがありますので、できれば他の会社に申し込むのがお勧めです。